値段?相場価格

胡蝶蘭 なぜ高い|高価な理由を徹底調査!

胡蝶蘭はなぜ高いか!

胡蝶蘭は日々進化しています。より安く、高品質なものを求めて最適化を図ったら、今では、台湾・ベトナムから苗を仕入れ海外リレー栽培方式を採用、日本においては全て室内での徹底管理、エネルギーの高騰、手間がかかるので人件費、あの気品ある胡蝶蘭を見るまではとても、とても大切にされているのですよ。

胡蝶蘭はなぜ高いか!大きく3つに分けると、

  • 種苗費
  • エネルギー費
  • 人件費

となります。

では、これを細分化して、なぜ高いかを徹底調査!

胡蝶蘭 なぜ高い|種子から出荷まで4・5年かかります!

培養:種子からフラスコ苗

苗育成:小苗・中苗・大苗の3段階

開花:開花誘導

開花鉢の整枝

寄せ植え

梱包

出荷

種苗が高い|① クローン技術で優良品種を増殖させるから!

胡蝶蘭は植物なので、もちろん種子をとって増やすことはできるのですが、手間が掛かり過ぎるため、今はクローン技術で優良品種を増殖させ、美しくて、病気に強い株をふやすことができるようになりました。これが一般的になっています。

胡蝶蘭は自然に発芽する確率が低いと言われています。なのでフラスコの中で無菌状態を作り人工的に培養・発芽させています。培養期間が4年ほどかかると言われています。

 

種苗が高い|② 使用権の費用

優良な品種の

親株には、

使用権の費用がかかります。

 

 

種苗が高い|③ 輸送コスト:海外リレー栽培方式

苗は、国内だけではなく台湾・ベトナムなど温暖な地域での栽培が一般的になり、その輸送コストがかかります。

胡蝶蘭の苗だけでも一本1,000円すると言われています。胡蝶蘭はなぜ高いのか、苗だけでも非常に高価になるためです。

培養して、フラスコ苗から順調に伸びて植え付けできるまでが、1年と言われています。

ここまでで、まだ1年ですよ!

苗育成が高い|④ 温度・湿度を24時間の管理体制が必要だから!

胡蝶蘭は一年中、購入することができます。年中出荷するためには、寒い冬でも、高温25度を維持しなければなりません。

胡蝶蘭の原産国は東南アジアです。特に温度・湿度の管理が必要です。

室内で温度・湿度を24時間の管理体制での維持費は、燃料や電気代と水道代だけでもかなりのコストがかかります。

1℃の節約で花が咲かない!

温度・湿度24時間体制10万本を育成している生産農家さんで、

  • ビニールハウス
  • 燃料代
  • 水道代
  • 電気代
  • 床暖房代
  • その他

月当たり1,000万円かかるそうです!

苗育成が高い|⑤ 生育期間が長いから!

台湾・ベトナムなどから輸入は、90%と言われています。そして日本に来た苗を開花まで、私たちの目に映るあの気品ある胡蝶蘭までに4年の歳月がかかります。

生育期間を台湾・ベトナムでさせたら?と疑問に思いますが、そうすると日本に来るまでに急激な温度・湿度、振動の変化で枯れることが分かっているため、苗の状態で輸入せざるを得ないという事情があります。

苗から出荷まで3年かかります!

苗育成が高い|⑥ 人の手とプロの技が必要だから!

私たちが目にするのは、3本立ち、5本立ちですが、生産農家では1株1花茎で栽培されています。

生育途中で何回か植え替えをします。クローン技術を使った胡蝶蘭でも同じものではないのです。

また胡蝶蘭の特徴である曲線美は、株をバランスよく配置しなくてはなりません。作業中に細心の注意を払って痛めない、傷つけないようにすることが重要になります。

熟練したプロでも最も気を使う作業だそうです。花の大きさ、色・形・並びなを一鉢ずつ管理、胡蝶蘭の気品あるあの美しい曲線美はプロの熟練した技の賜物なのです

梱包・出荷が高い|⑦ 梱包・出荷にも手間がかかるため!

いざ、出荷!

出荷の時にも花が痛まないように保護しなければなりません。段ボールにも工夫を凝らしたり、胡蝶蘭に保護材やカバーをかけたりと出荷までに手間がかかります。

 

胡蝶蘭 なぜ高い|まとめ

花の中でも

最も

手間と時間のかかる胡蝶蘭!を説明してきました。

どうでしたか?

なぜ高いかお分かり頂けたでしょうか。

さらに!!!!!!!!!!!

希少性の高い新しい品種の胡蝶蘭は開花までに7年という歳月がかかるそうです。

すごいの一言!

胡蝶蘭は日々進化しています。より安く、高品質なものを求めて最適化を図ったら、今では、台湾・ベトナムから苗を仕入れ海外リレー栽培方式を採用、日本においては全て室内での徹底管理、エネルギーの高騰、手間がかかるので人件費、あの気品ある胡蝶蘭を見るまではとても、とても大切にされているのですよ。

生産農家さんも日々、低価格と高品質な胡蝶蘭を目指しています。気品のある胡蝶蘭をぜひ、楽しんでください。

 

 

最後まで、

ご覧いただきありがとうございます。